久留米市・うきは市の行政書士さかい法務事務所

障害児通所支援事業(放課後等デイサービス)【筑紫野市】

お客様情報

会社名 株式会社済々社中
住所 福岡県筑紫野市
事業内容 障害児通所支援事業(放課後等デイサービス)
・「発達こどもアカデミー美しが丘校」
・「発達こどもアカデミー天拝校」
・「相談支援事業所はこでみ」
・「相談支援事業所はこでみ 天拝」
ご依頼時の状況 放課後等デイサービスという、とりわけ発達障害児の通所支援事業を運営する立ち上げまもなくの会社(平成27年6月)で管理部門の整備を依頼される。
複数店舗の立ち上げ及び、関連事業の立ち上げ支援や、日本政策金融公庫、及び民間金融機関からの融資のサポート業務、キャッシュフローの資料整理を行い、経営安定化させるまで、平成28年10月1日から平成30年12月31日までの約2年間の任期で取締役に就任し、主体的に業務執行した。

どんな経緯で当事務所に問い合わせされましたか? 

私が福岡市内の勉強会(発達障害を専門にするDr.主催勉強会)に職員の勧めで参加した際に、勉強会後の懇親会で名刺交換したことが始まりです。当時、1人取締役で会社を設立したのですが、売上向上や実務に追われて、会社の内側の整備が追い付いていない状況でした。

私の親は転勤族で、久留米市田主丸町には約2年程しか住んでいませんが、堺さんとは、田主丸小学校の後輩であることが判明し、共通の知り合いもいたことからすぐに仲良くなり、田主丸小学校の校歌を歌ってその日は酒を酌み交わしました。

ご相談前どんなことが悩みでしたか?どのような業務を依頼されましたか?

とにかく、社長の右腕的な「参謀」にあたる人の力が必要でありましたので、行政書士である堺さんの経験を見込んで、会社の内情をお話しし、任期付きの取締役に就任してもらうことで弊社の経営に参画してもらうことに致しました。 弊社は放課後等デイサービス事業だけではなく、障害児及び障害者の相談支援事業を運営しております。

堺さん自身、発達障害の専門クリニックの事務管理者の経験や、放課後等デイサービスの立ちあげ・運営支援等の経験もあられますので、私自身もかなり刺激をうけました。 取締役としてかかわってもらった月1回の経営会議(最低月1回)や、不定期の運営会議などでは、斬新な意見で踊くこともありましたが、「なるほど!」と感嘆することも大きかったですね。

サービスの満足度はいかがでしたか?

満足しています。堺さんは、目の前のことに集中して突き詰めていく方ですので、職人気質的なところがありますね。そして、一度決めたら、納得がいくまで「曲げない」ところがあるので、経営会議ではぶつかり合ったりすることもありましたが、持ち前の明るさで最後は軟着陸する方向にもっていき、うまく経営が成り立っています。

 また、堺さんの時間があるときは、現場の職員と一緒に、お預かりしている子どもたちの支援に入ってもくれました。子供達にも人気の「堺先生」で、堺先生を心待ちにしている子供達もいましたね。

祐恒社長の今後の目標を教えてください

平成30年12月末の節目で弊社の取締役から外れられましたが、これからは「取締役」としてではなく、「外部参謀」として、よろしくお願いします。 また、堺さんも、これからの将来のお仕事で「発達に偏りのある子どもたちの支援」のご経験が活かされることもあると思います。

弊社で培われたご経験を次のクライアントや普段のお仕事に活かされると思いますので、小学校の先輩として、今後の活躍を期待いたします。 私は、現在開設した施設の児童によりよい支援が提供できるよう、一層のサービスの質の向上につとめてまいりたいと思います。

メニューを閉じる